退職を考える

言い古されたことですが、日本において終身雇用制は崩壊していると言われています。しかしこれは周囲が言っていることであって、当の企業が高らかに宣言しているわけではありません。景気が悪くならなければ、リストラもありませんし、長く企業にとどまることができます。公務員は解雇されないから安定しているというのであれば、会社員も同様に保護されているといってもいいでしょう。

とはいってもこれは建前であって、会社員であれば常に仕事に対するストレスと高川無ければいけませんし、対外的な矢面に立たされる営業マンであればプレッシャーとも戦わなければいけません。工場勤めでは、健康や体力面などが気になるでしょうし、デスクワークでは仕事の効率など常に監視の目にさらされて仕事をしなくてはいけません。

ここ数年は就職氷河期という言葉を聞くことはなくなりましたが、それ以前は就職するにも大変な時代が長く続きました。そんな苦労して就職した会社なのですが、新人社員の3割が入社3年以内に退職しているというデータがあります。終身雇用があってもこれだけ退職する人がいたら、企業も補充するために求人を出さざるをえません。このようなことから人の流れが加速的に速くなっているということでしょう。企業としても、本音の部分では給料の高いベテランよりも給料の安い若者を取り立てたほうがいいのではという考えになってしまっては困ります。ここでは退職についてもう少し掘り下げて考えてみます。